京都一加 きょうと いちか

京都一加 Top > 袋帯 > 袋帯 一加×服部織物  槇菱(まきびし) 金×銀

アイテムイメージ

袋帯 一加×服部織物  槇菱(まきびし) 金×銀袋帯 一加×服部織物  槇菱(まきびし) 金×銀袋帯 一加×服部織物  槇菱(まきびし) 金×銀
袋帯 一加×服部織物  槇菱(まきびし) 金×銀
拡大 前へ 次へ

一加オリジナル
袋帯 一加×服部織物  
槇菱(まきびし) 金×銀

天明8(1788)年の創業以来200有余年の歴史と伝統の中で、高級手織袋帯の織元として実績のある服部織物のフォーマル袋帯です。
服部の帯の特徴は、「薄くて軽くて締めやすく、皺になりにくい」こと。
経糸に通常の1.5倍以上、約6000本の極細の糸を使い、裏地も同じ材料で同じ職人が織ることで、薄くて強く、軽くて締めやすい帯ができるのです。
締め心地に拘わった高品質な帯は、体にピッタリと添うので美しい着姿を演出できます。

柄は、高貴な植物とされる槇の葉を菱の形状に配した槇菱。大変格調高く、上品な雰囲気を放っています。
色味は、白地に金銀のコンビネーション。槇の部分は、金、白銀、銀色の3色で。菱の中心には柔かみのある淡色の金糸がホワッと浮かび上がる様に、一段ずつ違う入り方で織り込まれています。
複数の金銀色が使われていることで奥行きがあり、ギラギラしすぎず落ち着きのあるテイストとなっています。

留袖や色留袖に合わせて結婚式や叙勲等のお祝い事へのご参列へ。訪問着、付下げ、色無地と合せてお子様のセレモニー、ホテルや結婚式場での披露宴等、品格と華やぎを備える装いの場に最適です。

柄付:六通 /素材:絹75% / 産地:西陣

コーディネート

  • 若緑色の付下げに合わせて若々しい礼装姿を。サーモンピンクに金糸の入った帯締めで華やかさをプラスして。
  • 色留袖に合わせ、親類の結婚式に。
  • 濃い地の色無地に合わせて凛とした礼装姿を。しっかりと金糸の入った帯締めで格を更に上げて。

袋帯 一加×服部織物  槇菱(まきびし) 金×銀

  • お仕立て・裏地・ガード加工込

商品番号 2010-00382

269,000円(税抜)

申し訳ございません。
ただいま在庫がございません。
下のボタンからお問い合わせ下さい。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み