京都一加 きょうと いちか

京都一加 Top > お仕立て上がり > <お仕立て済>染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹

アイテムイメージ

<お仕立て済>染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹<お仕立て済>染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹<お仕立て済>染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹
<お仕立て済>染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹
拡大 前へ 次へ

<お仕立て済>
染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹

こちらはお仕立て上がりの商品です。
すぐにご着用頂けます。

着物ユーザーであればご存知の「塩瀬」。袷の時期の半衿として、誰もがお持ちですよね。染帯といえば塩瀬の生地が使われることが多く、繊細な表現が可能なことから季節感のある柄が描かれることが多いのが特徴。軽くて締めやすく、長い期間使えることから着物通に人気です。
そんな塩瀬の帯の中から、明るい地色に笹が描かれた帯をご紹介します。

こちらの帯地は、明るい若草色。清々しい印象のこんな綺麗な色の帯を締めると、気持ちも弾みます。
描かれているのは、笹。末広がりで扇のように優美な笹の葉は、古くから吉祥文様として愛されています。白上げに金で縁取りされた笹の葉が、のびやかにリズミカルに配置され、モダンで優美なデザインです。

植物ですが、吉祥文様ということで、季節を気にせずお締め頂けます。袷はもちろんのこと、春単衣の前半と秋単衣の後半にも使えるので、大変長い期間お召し頂けます。急なお席にも対応できるので、一本あると重宝な帯です。
また、染帯には珍しい全通柄なので、柄出しの心配なく締めることができるため、着付けが苦手な方の強い味方になってくれます。

上品な飛び柄小紋や付下げと合わせて、お祝いの気持ちを伝えたいお席に。きちんと感がある為、目上の方との会食や観劇など、軽めのよそ行き帯としてお使い頂くのもおすすめ。もちろん紬に合わせて、少しドレスアップしたい時にもいいですね。

柄付:全通 / 素材:絹100% / 産地:五泉

コーディネート

  • 濃紫の宝尽くしの飛び柄小紋にあわせて、しっとりと女らしく。観劇やレセプションパーティに。
  • 薄いピンクの色無地と黒地の羽織をあわせて、大人かっこいいコーデに。お花見や、ホテルでの会食に。

<お仕立て済>染九寸名古屋帯 塩瀬 白緑地に笹

  • お仕立て済み

商品番号 2050-00207

194,000円(税抜)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み