京都一加 きょうと いちか

京都一加 Top > お仕立て上がり > <お仕立て済>染九寸名古屋帯 栗山紅型 カサブランカ 青

アイテムイメージ

染九寸名古屋帯 栗山紅型 カサブランカ 青染九寸名古屋帯 栗山紅型 カサブランカ 青染九寸名古屋帯 栗山紅型 カサブランカ 青
染九寸名古屋帯 栗山紅型 カサブランカ 青
拡大 前へ 次へ

<お仕立て済>
染九寸名古屋帯 栗山紅型 
カサブランカ 青

こちらはお仕立て上がりの商品です。
すぐにご着用頂けます。

京都 栗山吉三郎謹製の九寸名古屋帯。

沖縄の伝統的な型染め「紅型(びんがた)」に魅せられた初代・栗山吉三郎氏が、紅型と京都を代表する染物「京友禅」を融合させて生み出したものが「和染紅型」、通称「栗山の紅型」です。 伝統的な中に現代感覚を取り入れた栗山紅型は、斬新な図案が一目で分かりファンの方も多く、不動の人気を博しています。

こちらは縮緬に色鮮やかなカサブランカが描かれています。地色はパッと華やかな青色、前柄やお太鼓部分は、白色・黄色・オレンジ色で三色の花が、帯全体には白抜きのカサブランカが通しで描かれている贅沢な帯です。良く見ると、葉っぱがピンク・青・緑など多色で表現されているのも可愛らしく見えますね。沖縄紅型らしい原色で華やかななかにも、派手すぎない上品な京紅型は非日常的な印象がきもの通の心をくすぐる逸品です。

前柄はたっぷり50センチ以上は色が挿されている為、柄出しがしやすいのも助かりますね。お太鼓も枕をあてる位置によってどの色を主役にするかは、あなた次第。たれは、地色である華やかな青色の無地が出ます。

小紋から紬に合わせることができるので、日常着のコーディネートに幅が広がります。お茶などのお稽古、着物女子の集いやパーティーなどに。更には、寄りかかってもシワになりにくいので、観劇やご旅行の時の長時間の移動にも最適です。

素材:絹100% / 産地:長浜

コーディネート

  • 薄緑色の無地紬に合わせると、パッと華やかな帯が主役の着物通のコーデ。
  • ベージュ色に金色蝶の小紋、白金の三分紐とローズクォーツの帯留めで春爛漫ですね!

<お仕立て済>染九寸名古屋帯 栗山紅型 カサブランカ 青

  • お仕立て済み

商品番号 2050-00169

128,000円(税抜)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み