京都一加 きょうと いちか

京都一加 Top > 羽織・コート > (夏物) コート地 紋紗大波 グレージュ

夏物 コート地 紋紗大波

(夏物) コート地 紋紗大波 グレージュ(夏物) コート地 紋紗大波 グレージュ(夏物) コート地 紋紗大波 グレージュ
(夏物) コート地 紋紗大波 グレージュ
拡大 前へ 次へ

夏物 コート地 紋紗大波 
グレージュ

夏のコート始めませんか。
紗のコートって透け感がとっても涼しげなんです。夏のお着物生活がワンランクアップしますよ。               

紗のコートの着用は6月からと言われますが、昨今は暑い時期が長くなってきていますので、もう少し着用期間が長くなってきました。意外と出番は多いかも。単衣の時期と盛夏の時期に着るのが基本です。塵よけとしても便利です。

紋紗とは、紗に地紋を織り出したものです。捩り織で透ける部分と、平織の透けない部分によって文様が出来上がります。通気性にすぐれ、着る人だけでなく見る人にも涼感を与えます。もじり織は経糸をよじる事により緯糸の間に隙間を作った、特有のシャリ感のある織り方で、涼やかで透け感のある風合いが特徴です。

色は、落ち着きのある明るめのシルバーグレー。波柄が浮き出た織地が、上品で大人っぽい表情を見せます。光琳百図の古典の柄でありながらシックな雰囲気がお好きな方におすすめです。

夏のお茶会や、レセプションに。濃地のお着物を合わせると透けて、涼やか効果大。
春先から秋口までお使いいただけますよ。

夏のコートもなかなか素敵ですね。

素材:絹100% / 産地:丹後
(単衣仕立て)

コーディネート

  • 焦げ茶の絽の色無地に、シルバー地にススキの柄の袋帯を合わせて。帯揚げは薄紫、帯締めは白。シックで大人っぽいコーデでホテルでランチに。
  • 薄水色の駒絽の飛び柄小紋に白っぽい名古屋帯を合わせて。帯揚げは白の三分紐にガラスの帯留を。モダンで華やかな雰囲気はホテルでのシャンパンパーティーにぴったり。

(夏物) コート地 紋紗大波 グレージュ

  • お仕立て・ガード加工込

商品番号 1270-00010

174,000円(税抜)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み