京都一加 きょうと いちか

京都一加 Top > 小紋 > (夏物) 小紋 飛び柄 絽 薄墨とんぼ 瓶覗

アイテムイメージ

(夏物) 小紋 飛び柄 絽 薄墨とんぼ 瓶覗(夏物) 小紋 飛び柄 絽 薄墨とんぼ 瓶覗(夏物) 小紋 飛び柄 絽 薄墨とんぼ 瓶覗
(夏物) 小紋 飛び柄 絽 薄墨とんぼ 瓶覗
拡大 前へ 次へ

夏物 小紋 飛び柄 絽 
薄墨とんぼ 瓶覗 

夏着物…、周りの方に「涼」を届けてみませんか?
夏紬や麻などのカジュアル夏着物も良いけど、やっぱりしなやかでエレガントな絽の小紋って憧れですよね。グッと女っぷりが上がります。日傘をさして、颯爽と歩く姿を想像してみて下さい。注目の的、間違いなしです。

ご紹介するのは、とんぼが可愛らしく飛び回る、甕覗色の絽の小紋です。
その昔、「とんぼ」は「秋津(あきつ)」と呼ばれていたそうです。 日本の国土は「秋津島(あきつしま)」と記載されることもあり、「秋津」は『日本書紀』『古事記』『万葉集』にも記述がある程、古くから日本人にとっては身近な存在です。
素早く飛び回り害虫を捕食する肉食性の益虫であり、さらには、決して後ろへ退かず前にしか進まないことから縁起の良い「勝ち虫」と呼ばれ、武将の兜や意匠に使われるなど、親しまれてきました。

そんな縁起の良いトンボが自由自在に飛び回っているかの如く、さりげなく配されています。更に、墨黒の濃淡で描かれているので、奥行きを感じます。実はよく見ると、トンボの目がなんともチャーミングで、微笑ましいんです。
地色の甕覗色は、夏の最強カラー。着ている本人もひんやり涼しい気分になれる色。更に白の襦袢をお召しになれば、柄も浮き立ちより爽やかな印象になります。

絽の小紋の中でも比較的カジュアルな雰囲気なので、染帯などを気軽に締めてショッピングやランチへ。もちろん織帯を締めて、ワンランク上の着こなしもオススメです。
「勝ち虫」の縁起を担いで、夏の勝負の時には大人可愛いこちらの着物で、お出掛けしてみて下さい。きっと何か良いことが起きるはず。

素材:絹100% / 産地:五泉
(単衣仕立て)

コーディネート

  • 黒地に秋草柄の絽塩瀬九寸を合わせて。白の三分紐に田上恵美子作金砂子グリーンの帯留をコーデすれば、全体的に色数を控えた大人のシックな装いに。
  • 織楽浅野の白地スパイラル柄九寸を合わせて。イエローアゲートの半貴石帯留をポイントに、帯揚げは爽やかなグリーンで、大人可愛いコーデの完成。

(夏物) 小紋 飛び柄 絽 薄墨とんぼ 瓶覗

  • お仕立て・裏物込

商品番号 1160-00055

192,000円(税抜)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み